ダイエットのストレスで食べ過ぎる原因とリバウンド対策

ダイエットをしようと決意して頑張っても、だんだんとイライラとしてきたり、元気がなくなったりして、気がつくとつい甘いものを食べてしまいリバウンドをくり返してしまう人も多いでしょう。

 

こちらでは、ダイエットのストレスで食べすぎてしまう原因と、それによっておこるリバウンドを防ぐにはどうしたらいいか解説します。

 

ストレスによる食べ過ぎ(過食)について

食べたいものを我慢すると、ストレスが溜まるのは当然です。ですが、そのストレスも我慢すればいいと思っていませんか?実はストレスを感じること自体が、ダイエットの効果を阻んでいるかもしれません。

 

ストレスがダイエットにどのような影響がでるのかを知っておきましょう。

 

ストレスが溜まると食べ過ぎてしまう原因は?

現代社会で生活をするということは、強いストレスに晒され続けている状態であるといえます。さらにダイエット中となると、その身にうけるストレスはかなりのものです。食べたいものを食べられない、頑張っているのになかなか結果が出ないと、人はダイエット中強いストレスを感じています。

 

ストレスを感じると脳がその影響をうけ、脳の中の大脳辺縁系が興奮状態となり、ドーパミンというホルモンの分泌が増大します。このドーパミンは、実は摂食中枢に働きかける作用があり、ストレスを感じると食欲が増大してしまいます。

 

痩せたいと思ってダイエットを頑張っても、ストレスを感じることによってより食欲が増してしまう、過食になってしまうという悪循環に陥ります。これが、食べすぎてリバウンドしてしまうという理由の一端です。

 

ダイエット中、特定の食材を抜くことでストレスに影響する

また、ダイエット中は食事制限をしている人がほとんどだと思いますが、ダイエット中に避けられる食材の中には、食べないとよりストレスへとつながってしまうものがあります。

 

炭水化物

ごはん、パンなどの炭水化物は、ダイエット中はなるべく抜こうと思う人が多いでしょう。ですが、この炭水化物には鎮静効果があり、これらを摂取しないと糖分も摂取できないので、脳の活動が全体的に落ちてしまいます。

 

すると、ぼんやりしてしまう、仕事でミスが多くなるといった影響もでます。このような状態になると、脳はより強いストレスを感じるようになります。

 

肉類

肉類には、気持ちを安定させるセロトニンを作り出す働きがあります。肉類を取らないと神経過敏になり、気持ちの浮き沈みが増え、よりストレスを感じやすくなってしまいます。

 

ダイエット後にリバウンドしてしまうメカニズムがある

頑張ってダイエットが成功して目標体重になったとしても油断はできません。ダイエット終了後、元の食生活に戻したりすると、急激に脂肪がついてしまうからです。これには2つ原因があります。

 

飢餓状態だった体は脂肪を蓄えやすくなっている

ダイエット中に厳しい食事制限をしていると、体が飢餓状態になってしまいます。この状態で普通に食事をしてしまうと、体はその後の飢餓に備えるために脂肪を多めに蓄えようとします。そのため、少ししか食べていなくても体重が増加し、また、この時増加した体重はほぼ脂肪になってしまいます。

 

落ちた筋肉によって基礎代謝が落ちている

運動をほとんどせずに食事制限だけでダイエットした場合、落ちた体重のうちわけには脂肪だけでなく筋肉も含まれています。筋肉量は基礎代謝量に影響しているので、筋肉が減ると基礎代謝も減少します。

 

ですので、ダイエットをして痩せたとしても基礎代謝量は下がった状態なので、ダイエット前より太りやすい体になっています。この状態だと、通常の食事でも以前より脂肪が付きやすくなってしまいます。

 

リバウンドをしないダイエットをするために

ダイエットにはリバウンドの危険を多くはらんでいます。では、ダイエット後リバウンドをしないためには、どうすればいいのでしょうか?

 

ダイエット後のリバウンドを防止するポイントは3つ

ダイエットをする上で心がけることを3つ紹介します。どれかひとつを守るというのではなく、3つを同時に守ることが大事です。

 

食べないダイエットはしない

体を飢餓状態にしてしまうダイエットはやめ、栄養バランスが整った食事をきちんと規則正しく摂りつづけましょう。ただし、お腹いっぱい食べるのではなく、適正な量を食べる、低カロリーなものを食べるといった工夫は必要です。

 

炭水化物を少なめにするのはいいのですが、前述したように全く取らないといったことは避けてください。

 

ダイエット中は運動も並行して行う

減量によって筋肉量を落とさないため、筋トレは意識的に行うようにしましょう。ですので、食事にはタンパク質を欠かさないようにするのがおすすめです。

 

筋トレを行えば基礎代謝量も増えていくので、痩せやすい体になります。そうなると、ダイエットが終わった後も、体重が落ちやすい状態を維持することができるでしょう。

 

また、筋トレだけでなく有酸素運動も行うのがベストです。ウォーキングなどを20分以上行うようにすると、血行がよくなり体温もあがって脂肪を燃焼しやすくなります。

 

ストレスは発散する!

ダイエット中はなにかと我慢の日々が続くかもしれません。ですが、ストレスを溜めるのはダイエットに悪影響なので、なるべく発散するようにしましょう。

 

運動などで発散するのがおすすめですが、「どうしても食べたい!」、「食事でしか発散できない」というときがあれば、「ストレス解消のために食べる」というのも賢い選択のひとつだといえます。

 

リバウンドしないおすすめのダイエットは?

前述した3つのポイントを踏まえると、「食べながら・運動しながらするダイエット」することが理想です。栄養バランスの整った食事をしつつ運動を続ければ、徐々に体重は減少していくでしょう。

 

ダイエットを成功させるポイントは、好きなものは食べ運動を適度に行いストレスを溜めないようにすることです。ダイエットとなると食事制限を考える人が多いですが、多くの人が好きなものを食べられないストレスで、失敗してしまいます。

 

大人のカロリミットなど糖質や脂質をカットしてくれるダイエットサプリを利用して、好きなもの食べて適度に運動して、無理なくダイエットするのがおすすめです。

 

実際に大人のカロリミットを2週間試してみた結果をこちらで紹介しています。ダイエットを無理なく行いたい人は、ぜひチェックしてください。

 

大人のカロリミットを2週間試した効果をチェックしてみる

関連ページ