皮下脂肪や内臓脂肪がつく原因と燃焼させて落とす方法

お腹やお尻、腰周りにつきやすい脂肪、これらに悩んでダイエットをしても、なかなか落ちないと落ち込んだ経験がある人も多いでしょう。脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪というタイプがあるということと、それぞれの性質、どうしたら燃焼できるのかについて紹介します。

 

脂肪は2つに分けられる

脂肪と一口にいっても、実は皮下脂肪、内臓脂肪の2つに分けられます。効率よくダイエットするために、それぞれの違い、特徴を知っておくことは大事です。まずは、どうして脂肪がつくのかみていきましょう。

 

脂肪はどうやってできるのか?

摂取カロリーが消費カロリーを上回った場合、上回った分が中性脂肪となり体に蓄積され、脂肪となります。中性脂肪は体のエネルギー源にもなるので、悪いばかりではありません。

 

しかし、たまりすぎると脂肪肝や動脈硬化、肝硬変や心筋梗塞などの病気へとつながってしまうので注意が必要です。中性脂肪は蓄えられた場所によって、呼び方がかわります。

 

皮下の下につく中性脂肪は「皮下脂肪」、内臓周りにつく中性脂肪は「内臓脂肪」と呼ばれ、それぞれ特徴があります。

 

女性は皮下脂肪、男性は内臓脂肪がつきやすい!

実は性別によってつきやすい脂肪が違っており、女性は皮下脂肪、男性は内臓脂肪がつきやすいです。皮下脂肪が多い人は洋ナシ体型が多いとされ、お腹、腰、お尻と下半身に脂肪がつく太り方になりがちです。

 

内臓脂肪が多い人はりんご型の体型といわれ、お腹周り、いわゆるビール腹という体型が多いといわれています。なぜつきやすい脂肪が違うのかその原因と、どう燃焼するのが効果的なのか調べていきましょう。

 

女性につきやすい皮下脂肪について

女性につきやすいといわれる皮下脂肪は、皮膚の下、皮膚組織に中性脂肪が蓄えられたものをいいます。手でつかめる脂肪は皮下脂肪で、お腹や二の腕、お尻、太ももなど全身に多く存在し、見た目にもわかりやすくなっています。

 

皮下脂肪の役割

見た目に影響がでやすい皮下脂肪ですが、主に3つの働きを持っています。

 

  • 体温を保つ働きをもち、外が寒い場合は体を保温する
  • 衝撃を吸収し、内蔵への損傷を食い止める
  • エネルギーが不足したときに、エネルギー源となる

 

役立つ面もある皮下脂肪なのですが、デメリットとして骨格に負担をかけてしまうことが上げられます。腕を動かしづらい、重さに耐えきれなくなって膝を痛めるといったことに注意が必要です。

 

ただし、後述する内臓脂肪と違って、動脈硬化や脳卒中といった病気につながりにくい脂肪で、皮下脂肪の多いタイプの肥満は「良性肥満」といわれています。

 

皮下脂肪がつく原因

消費エネルギーより摂取エネルギーの方が多いとできてしまう脂肪ですが、女性は女性ホルモンせあるエストロゲンの影響で、皮下に脂肪がつきやすくなっています。エストロゲンが分泌されることによって、子宮を守るためにお腹周り、お尻周りに脂肪がつくという特徴があります。

 

授乳期は特につきやすいといわれていて、乳房の脂肪も皮下脂肪にあたります。皮下脂肪は、運動をしても一番最後に燃焼されるといわれていて、一度つくと落ちづらいとされています。

 

皮下脂肪を燃焼させるには?

落ちづらい皮下脂肪ですが、摂取カロリーより消費カロリーを大きくして、脂肪を燃焼させることが基本です。そのためには、栄養バランスのとれた食事で適正内の摂取カロリーを保ち、運動で消費カロリーを増やしましょう。

 

食事制限だけでは落ちづらいので、必ずウォーキングなどの有酸素運動を取り入れることがおすすめです。ただ、皮膚の下にある脂肪ですので、マッサージなどで刺激を与えて血行をよくすることで、燃焼しやすい状況を作ることができるため、マッサージを欠かさないようにしましょう。

 

また、カロリミットや大人のカロリミットといった脂肪吸収を抑える機能性表示食品を併用して、皮下脂肪がつきづらい体作りをしておくことも大事です。

 

男性につきやすい内臓脂肪について

男性につきやすいと言われる内臓脂肪は、文字通り内臓の周りにつく中性脂肪を指します。内臓脂肪がつく原因と、おすすめの燃焼方法を紹介します。

 

内臓脂肪の役割

内臓の周りにつく内臓脂肪には、エネルギーが不足した場合のエネルギー源になるという以外は特に役割はなく、デメリットばかりといっても過言ではありません。内臓脂肪が増えると、インスリンの働きが落ち、血糖値が下げられず糖尿病への恐れがでてきます。

 

また、動脈硬化、生活習慣病への影響もある危険な脂肪で、内臓脂肪による肥満は「悪性肥満」といわれています。皮下脂肪と違って見た目には出づらく、痩せている人も実は内臓脂肪がついているといった、いわゆる「隠れ肥満」となっている場合があります。

 

内臓脂肪がつく原因

エストロゲンを持たない男性は、皮下に脂肪がつきやすいという特徴がない分、血行のいい内臓に脂肪がつきやすくなっています。閉経後の女性も同じ傾向があるので、注意が必要です。

 

特に脂質が多い食事や、栄養バランスが整っていない食生活によってつきやすい傾向があります。内臓脂肪は運動によって燃焼されやすいという特徴がある分、筋力の低下によって脂肪の燃焼量が減ると蓄積しやすくなります。

 

そのため、運動不足、加齢による筋力低下が原因で自然と溜まっていってしまうこともあり、若い頃大丈夫でもいつの間にか蓄えていることがあるので、気をつけなければいけない脂肪です。

 

内臓脂肪を燃焼させるには?

内臓脂肪は皮下脂肪と違って落としやすい脂肪といわれています。食事のバランスに気をつけて、筋力トレーニング、有酸素運動を心がけてください。

 

内臓脂肪は運動の直接エネルギーとして燃焼されるので、どこまで運動を継続できるのかが鍵です。ハードな運動で続かないよりも、ウォーキングなど続けやすい運動を習慣づけることが大事なので、なるべく1日20分以上の有酸素運動をするようにしましょう。

 

 

皮下脂肪、内臓脂肪、それぞれの特徴を知っておくと、痩せたい部位によってどうダイエットをすればいいのかわかりやすくなります。摂取カロリー、消費カロリーに気を配って、効率のいいダイエットをしましょう。

関連ページ